乳酸菌革命で短期間で効果を実感したいなら必見!

乳酸菌革命をこれから購入するあなた、または既に乳酸菌革命を購入して飲み始めてるあなたは、便秘や下痢、または肌荒れを改善したい、免疫力をアップして風邪などを引きにくい体質にしたいというのが目的じゃないでしょうか?

 

今回は私の経験を踏まえて、乳酸菌革命の効果を最大限高める飲み方として、飲むタイミング飲む量おススメの飲み方についてご紹介しますね。

 

乳酸菌革命飲み方

 

体の仕組みを考慮した飲むタイミングや時間帯

乳酸菌革命は医薬品と違って健康食品のサプリメントなので、決まった時間じゃないとお腹に違和感を感じるとかはなく、基本的にはどんな時間に飲んでも良いとされてます。

 

ただ、乳酸菌革命に含まれているビフィズス菌、ガセリ菌、ラブレ菌の特性などを考慮して飲むタイミングや時間帯を決めることは私の経験上かなり効果的だと感じてます。

 

乳酸菌のメリットとしては町内の善玉菌の比率を高くすること、これを腸内をお花畑にすることのイメージから腸内フローラともいいます。

 

腸内フローラ

 

腸内フローラにするための方法はシンプルで、出来るだけたくさんの善玉菌を腸に届けることです。

 

ただ、ビフィズス菌をはじめ乳酸菌は酸に弱く、飲む時間帯やタイミングによっては腸に届く数が極僅かってことにもなりかねません。

 

その意味で、乳酸菌革命を飲む最もおススメのタイミングは夕食後です。

 

まず、食後に飲むことによって胃酸の影響を受けにくくすることが狙いです。
より多くの乳酸菌を腸に届けるには、空腹の状態で乳酸菌を摂るよりは断然食後にした方がいいですよ。

 

 

朝食後でも昼食後でもいいかもしれませんが、人間のゴールデンタイムと言われてる22時〜2時の間は成長ホルモンが活発になることで有名ですが、これは副交感神経が活発になって腸のぜんどう運動が活発になる時間帯ともいわれています。

 

だから、夕食はなるべく22時前までに済ませて、夕食後はすぐに乳酸菌革命を飲む、そしてちょっとリラックスしてから寝るという生活スタイルを心掛けるといいですよ。
また、毎日乳酸菌革命を飲む時間を決めておくと、飲み忘れにくくなるのも大きなメリットです。

 

コスパを重視した飲む量

乳酸菌革命を飲む量ですが、毎日2〜6粒が良いとされてます。

 

乳酸菌革命に含まれてる乳酸菌の量は2粒でヨーグルトの10個分なので、2粒でも十分な量ですね。

 

ということで、基本的には1日2粒を目安にするといいですよ。

 

もちろん、大豆アレルギーなどがなければ乳酸菌革命は副作用がないので何粒飲んでもいいのですが、1袋に62粒ということを考えると2粒でちょうど1か月分。

 

乳酸菌革命を1袋で1か月持たせるという意味で、コスパも考えると1日2粒を目安にするのがいいですよ。

 

もちろん、あなたのお財布に余裕があるなら1日6粒ほど毎日続けてみるのもいいですね。
いつか、毎日6粒飲んで体にどんな効果が出たのかを試したいと思いますが、その際はこのサイトで紹介しますね。

 

私は1日2粒を3か月続けて色々と効果を実感できたので、基本は2粒ということをおススメします。

おススメの飲み方とは?

乳酸菌革命の飲み方ですが、私の場合は夕食後の寝る前に水と一緒に飲んでました。

 

これが最もスタンダードな飲み方です。

 

牛乳と一緒に飲むのも良いですが、私はあまり牛乳が好きじゃないので水で飲んでました。

 

小さなお子さんが飲む場合、乳酸菌革命のカプセルが好きになれない子も多いと思います。

 

私も子供のころはカプセルタイプのは何となく飲むのが好きじゃありませんでした。
お薬のイメージも強かったので。

 

その場合はカプセルを破いて粉末の乳酸菌を水や牛乳、またはヨーグルトに混ぜて飲ませるのがおススメです。