ビフィズス菌の力は有名ですが意外な弱点も!

乳酸菌革命をはじめとする乳酸菌サプリに必ずと言っていいほど含まれてるのがビフィズス菌。

 

ビフィズス菌は正式にはビフィドバクテリウム菌属の乳酸菌で、この下に菌種、菌株があるので、一口でビフィズス菌と言ってもものすごい種類があるし、今も新しい菌種や菌株が開発、発見されています。

 

今回はこのビフィズス菌の効果や弱点などについての基本情報を簡単に。

 

ビフィズス菌についてはあまりにも有名なので、色々なサイトでかなり細かく解説されてるので参考程度で。。。

 

 

ビフィズス菌は世界で最も有名な善玉菌で、腸内にビフィズス菌はあればあるほどうれしいことばかり。
具体的にはビフィズス菌の数が増えることで整腸作用があって便秘や下痢に効果的なのはもうご存知か思いますが、これによって美肌効果などの美容にもいい効果が期待できます

 

また、ビフィズス菌には体内にあるNK細胞と呼ばれる免疫細胞をの働きを活性化する作用があり、風邪やあらゆる病気への抵抗力をつける結果にもつながります。

 

ただ、ビフィズス菌は素晴らしい効果を持ちながら、酸に弱いという性質があります。

 

だから空腹時にヨーグルトを食べたり、ヤクルトを飲んでも胃酸の影響をもろに受けてしまって腸に生きたまま届かないとい、あるいは腸まで到達できる数が少なくなってしまうのが現実です。

 

そのため、ビフィズス菌を飲むなら出来るだけ胃酸の影響を受けにくい食後がいいですね。
または、胃酸から守ってくれる耐酸性のあるカプセル化されたサプリで摂ることもおススメです。

 

ビフィズス菌を増やすには

体内にビフィズス菌を増やすことはいいことばかり。

 

でも、どうやればビフィズス菌が増えてくれるのか?

 

まず、最も大切なこととしてビフィズス菌を含むサプリでもヨーグルトやヤクルトなどの乳製品にしても毎日定期的に欠かさず摂り続けることが大切です。

 

コツコツと毎日ビフィズス菌を摂り続けて腸内のビフィズス菌の占有率を高めることが腸内環境を改善するための近道です。

 

1日2日で劇的に腸内環境が改善することはないということはありません。

 

また、ラブレ菌もビフィズス菌と一緒に取ることもいいと言われてます。
1か月の臨床試験でラブレ菌を摂った人と摂らなかった人の腸内のビフィズス菌の占有率が違ったという臨床試験の結果もあるので、ビフィズス菌と相性の良い他の乳酸菌を一緒に摂るのはビフィズス菌を増やすうえで効果的ですよ。

 

おススメの乳酸菌サプリ

 

ビフィズス菌に相性のいいラブレ菌やガセリ菌をはじめ16種類の乳酸菌が配合された、今人気の乳酸菌サプリです。
乳酸菌革命