ラブレ菌が持つ有名な2つの効果

ラブレ菌すぐき漬

 

1993年に日本人の免疫力研究者として知られる岸田綱太郎博士によって発見されたラブレ菌の正式名称は「ラクトバチルス菌属のブレビス亜種コアギュランス菌種」。

 

この乳酸菌は、京都のすぐき漬という漬物から発見されたことから、すぐき漬はアメリカの健康志向の高い人からはマジックピクルスという名前でも有名です。

 

元々京都の人の平均寿命が長いことから、その原因を研究してすぐき漬にある植物性乳酸菌を見つけたのがラブレ菌を発見したきっかけです。

 

 

そして、このラブレ菌が世界でも有名になった理由はこの2つ

 

ビフィズス菌の占有率を高める

ラブレ菌は大腸内のビフィズス菌が占める割合を高める効果があり、結果として悪玉菌を減少させ腸内フローラを改善してくる作用があります。

 

ビフィズス菌の魅力についてはビフィズス菌の有名な力と意外な弱点とは?をご覧ください。

 

また、ラブレ菌は植物性乳酸菌として日本人の腸に適した乳酸菌と言われていて、胃酸などの消化液にも強く生きたまま腸に到達する強さも魅力です。

 

乳酸菌を摂ってもなかなか効果が表れないことの原因として、ほとんど生きたまま腸に乳酸菌が届かないことがありますが、ガセリ菌やこのラブレ菌のように強い乳酸菌を摂ることで比較的早く乳酸菌の持つ効果を実感できるんじゃないでしょうか?

 

免疫力アップ

ラブレ菌が持つ効果のもう一つとして注目されてるのが、免疫力を高める作用。

 

生きたまま腸に届いたラブレ菌が腸内のリンパ球に働きかけることでインターフェロンを作り出します。
インターフェロンは医療機関でも良く使われるので聞いたことがあるかもしれませんが、もともと体内でも生成される物質で病原細胞やウィルス性の対抗する力を持ちます。

 

 

このインターフェロンを生み出す作用のあるラブレ菌を摂り続けることで風邪をひきにくい体質、ガン予防などとして注目されてます。

 

そもそも、ラブレ菌をすぐき漬から発見された逸話として、京都の男性が全国的に平均寿命が長いことの因果関係を突き止めようとしたのがきっかけというくらいですからね。

 

ヨーグルト?ラブレ菌を摂るためにおススメは

乳酸菌はみんな嬉しい効果ばっかりなんですが、特に生命力の強いこのラブレ菌を摂る習慣をつけることは効果を発揮するためにおススメですが、どんなものからとればいいのか?

 

まずはラブレ菌を発見したすぐき漬はいいですね。
今は楽天やAmazonなどで購入出来ます。

 

ただ、味はちょっと癖があるのと、毎日食べるにはスーパーなどで中々見かけません。

 

次に、比較的簡単に手に入るのが、カゴメの発酵豆乳ラブレ、ラブレプレーンなどがあります。
こちらはコンビニなどでも市販されていて簡単に手に入るのでいいですね。

 

 

最後がラブレ菌が含まれている乳酸菌サプリ。
ラブレ菌はビフィズス菌と並んで日本の乳酸菌サプリでは良く使われてるので、ラブレ菌 サプリで調べると色々とネットでも調べることが出来ますよ。

 

私はラブレ菌の他、ビフィズス菌、ガセリ菌が含まれている乳酸菌革命というサプリを使ってます。

 

 

結果としては快調なんですが、ビフィズス菌が効いたのか、ガセリ菌が効いたのか、ラブレ菌が効いたのかはよくわかってません。。。

 

どんな乳酸菌が体に合うのか一つずつ試すのもアリですが、色々な乳酸菌が含まれてるサプリはどれかが当たるという意味で結構おススメですよ!